MENU

プランテルを実際に購入して使ってみました!

M字型育毛剤の「プランテル」を遂に買いました!!
ずっと気になっていて、2chでの評判や口コミなどを見続けていたのですが、
効果があるというものも効果なしというものも入り混じっていて
結局のところ「これは使わないとわからん!!」という結論に達して購入しました。

 

 

ちなみに僕が購入したのは最安値のプランテルの公式通販サイトです。
プランテルは薬局などでは売られていないのでご注意を!

 

↓最安&返金保証付&オマケ付きのプランテル公式通販サイト↓

http://www.plantel.biz/

 

 

プランテルには【お試し単品注文】【3本セット】【定期お届けコース】という3つがありますが、
僕は定期お届けコースに申し込みました。

 

というのも、プランテルについて調べまくっている段階でそもそも本当に効果があるものでも
その変化を感じ取ることができるまでには毛周期を考えると3ヶ月はかかるとわかったからです。
あの医薬品のリアップにも4ヶ月使用した後に有効性が認められると記載されてますからね。

 

実は2chでの評判や口コミなんかを見ていると、効果なし!と言っている人はその辺を
勘違いしているんじゃないかと思うわけです。
焦る気持ちもわかりますが、1ヶ月や2ヶ月じゃそりゃあ効果はないでしょ・・・と。

 

 

が、しかし僕自身もこの事前知識なく購入していたら同じ思いをしていたことでしょう。
プランテルは1本で約50日分なので【3本セット】でも十分かとも思ったのですが、
定期お届けはいつでも中止できるし、1本あたりが安いので定期お届けにした次第です。

 

 

ただここまでのことを考えると全額返金保証が30日間だと効果があるわけないんですけどね。
すぐに効果が出ると勘違いしている人からは鬼のような返品の嵐、
じっくり使い続けようと思っている人からすると「もっと長くならないの?」という感じですね。

 

 

この辺がちょっと引っかかる部分でしたが・・・、買っちゃいました。(笑)
この定期お届けのコースは次の商品が届く7日前までに連絡をすれば休止・中止が可能です。

プランテルが届いたので早速使ってみました

待ちに待ったプランテルが届いたのでさっそく使ってみました。

 

プランテルの使い方に関しては商品と一緒に届く冊子にも書かれていますが、ここで簡単に説明しますと、朝と夜の1日2回、洗髪後に髪を乾かしてM字の左右2ヶ所に2プッシュずつ吹きかけます。

 

そして指の腹の部分を使ってしっかりと揉みこむようにマッサージをします。
その後にドライヤーで乾かしていきます。
プランテルの使い方に関してはそんなに難しいところはないですし、時間や手間もかからないので楽です。

 

 

プランテルを使ってみると液体はサラッとした感じでM字部分に2プッシュすると結構垂れ落ちてくる感じでした。
これまで使ったことのある育毛トニック的な感じでスースーするのかと思っていたのですが、特にそんなことはありませんでした。
育毛トニックとかそういったものよりもどちらかというと水に近い感じですかね。
匂いはちょっとアルコールっぽい匂いがしましたがそんなに気になるようなものではありません。
なので実際の使用感という点ではベタつくとか変な匂いがするとかそういったことはなく良いと思います。


なぜプランテルを買うことにしたのか?

そもそもなぜ僕がプランテルを買うことにしたのか、少し紹介しましょう。

 

というのも、おそらくこのサイトを見ているという方は以前の僕のようにプランテルを購入しようか、本当に効果があるのか迷っているのではないかと思います。

 

なので、「なんで僕が選んだのがプランテルだったのか?」というのは参考になるような気がします。(笑)

 

まず、僕がすでに完全なるM字ハゲだったらプランテルは多分買わなかったと思います。

 

僕の場合は自称「M字ハゲ予備軍」です。
一応今の状況は「おでこが広い」という言い訳で凌いでいる状況ですが、もしかしたら周りが気を使ってくれているだけなのかもしれませんが・・・(笑)

 

それでも絶対に将来ハゲるとしたら確実にM字になるという予兆はハッキリと感じ取れます。
これまでは、ケアをすると言っても普通に薬局に売っているような育毛トニックを使っていました。
M字部分に吹きかけてから手で押さえるとパチパチするようなヤツですね。

 

これはまさしく気休め程度というか、使っているうちに何のためにやっているのか
わからなくなるようなものでしたが、なんとなく習慣で使い続けていました。

 

が、30代に差し掛かったことでより一層危機感が増し、多少費用をかけてもしっかりとした
育毛をしようということで辿り着いたのがプランテルだったというわけです。

 

モンドセレクションやユーザー支持率なども目を引きましたがそもそも「医薬部外品」というのが大きいです。
医薬部外品というのは使い続けることで効果が得られる成分が一定以上含まれていると
厚生労働省に認められている商品になります。

 

ただ医薬部外品の育毛剤と言っても他に何種類かあります。
例えばチャップアップとかBUBKAとかですね。

これらの医薬部外品の育毛剤の中からなぜプランテルを選んだのかというと
単純に他の二つと比べるとプランテルが一番安かったという点とM字専用の育毛剤だったからです。

 

それと他の育毛剤とは成分が違うのですが、プランテルに使用されているヒオウギエキスの
主要成分であるイソフラボンの5αリダクターゼ抑制効果に関してはしっかりと学術的にも立証されているので
色々な部分を調べつくした結果、しっかりとした成分が使われているという安心感がありました。

 

それでも少し決断しかねていて口コミや評判を見ていたのですが、効果がないという口コミの中に、
4ヶ月とか5ヶ月使い続けていて効果がないというものは見当たらなかったので決断をしたわけです。

 

ということで、僕はプランテルを試してみようと決断したわけでした。
完全にM字に禿げ上がってしまっている方に効果があるのかどうかはわかりませんが、
僕のようにM字予防や気になっている方ならプランテルはオススメです。

 

↓↓公式サイトはコチラ↓↓

 

http://www.plantel.biz/

 

 


薬用プランテルにはサプリメントもあるけどどんなサプリなの?

薬用プランテルのサプリメントとはM字型薄毛に特化した育毛サプリメントです。薬用プランテルは液体タイプとシャンプーもあり、薄毛に悩む世の男性を救っています。どのシリーズも製薬会社と共同開発しており、信頼のある商品です。

 

薬用プランテルのサプリメントは抜け毛対策と毛髪を活性させるダブルの効果が期待できる成分を亜鉛、ノコギリヤシを筆頭にふんだんに使用しています。

亜鉛とは…髪の毛の99%はケラチンタンパク質でできていますが、タンパク質からケラチンタンパク質に変える栄養素が亜鉛です。なのでいくらタンパク質を摂っても亜鉛を撮っていなければ髪の毛の栄養にはならないということです。現代人の食生活では一日に必要摂取量の半分も摂れていないので、サプリなどで意識的にとる必要があります。他にもイソフラボン、ケラチンなど髪に良い成分がたっぷり含まれています!

 

液体やシャンプータイプも良いのですが、不規則な生活でなかなか決まった時間にシャワーを浴びられなかったり、疲れてうっかり寝てしまって塗り忘れた!ということもよくあると思います。でもサプリだと飲むだけなので仕事で遅くなった日でも、デートで彼女と一緒にいる日でも飲めるのが嬉しいです

 

これは経験談なのですが、彼女と泊まりで旅行に行った時、当時液体タイプの育毛剤を使用していたのでお風呂上りに小瓶に詰め替えた物を頭皮に湿布していました。すると彼女がやって来て「何付けてるの?」と聞くではありませんか。正直に伝えましたが非常に気まずかったです。それ以来彼女に髪の事をいじられるので使うのをためらってました。サプリメントタイプだと誰にも気づかずに育毛できるので助かります。今ならまとめ買いでお得に購入もできます。

 

医薬品の育毛剤の副作用について

医薬品の育毛剤というのは育毛効果も感じやすいので、育毛の効果をわかりやすく感じたいような人にも良いですが、効果が感じられる分、副作用の心配があります。副作用というのは人によって感じられないこともありますし、感じることもあります。また、ほんの些細な症状であれば、副作用だと気が付かないまま終わってしまうようなこともあるものです。

 

 

ですが日常生活に影響を及ぼすようなものであれば危険ですから、使うのを中断したほうが良いです。副作用は使っている育毛剤にどんな成分が含まれているかによっても異なりますが、血圧が下がったり、性欲が衰退してしまうこともあります。ですからいつもと違う体調になったら注意が必要です。どうしても育毛効果を得たかったり、髪を生やすことを優先にしたいようであればそのまま使い続けることも良いですが、あまりにも影響がでるようであれば、医薬品のものは使うのをやめ、薬用プランテルなどの医薬部外品で様子を見ていくようにすると良いです。

 

 

医薬品と比べてしまうと医薬部外品は効果が感じられるまでに時間がかかることも多いですが、その分安全に体に使うことができます。ちなみに当サイトで紹介している薬用プランテルは医薬部外品になります。育毛剤以外の薬を使っている時であったり、何かサプリを使っているような時は併用することで体に異変が出てもいけないので、そういった時は医薬部外品にしたり、使わないことが賢明です。

 

 

副作用を心配してまったく使わないというのも良いですが、何の解決策も取らないことで症状が悪化してしまうようなこともあるので、症状が悪化しないようにするためにも程度に使用していくと良いでしょう。また、医薬品の育毛剤というのは医師の診断の上処方してもらうのが好ましいです。自己判断で使わないようにすることも大事でしょう。


プランテルはフケやかゆみにも効果があるの?

2015年にモンドセレクションを受賞して話題となっているプランテルは、男性のM字ハゲに効果を発揮する育毛剤です。男性のM字ハゲの原因には、男性ホルモンや加齢などが影響して、それにより毛髪周期が乱れてしまうことで、その周期の乱れ自体で栄養が毛根に届かずに髪の毛が細くなり、脱毛しやすい状態となっていることで起きます

 

 

また男性ホルモンが強くなることで、フケやかゆみが併発し、それを手などで掻くことでさらに頭皮などに細菌が増殖されてしまう原因となります。頭皮に細菌が増殖された状態になると頭皮自体の炎症を引き起こすこととなり、さらに悪化の一途を辿ることとなることが多いです。そこでプランテルにM字ハゲでなく、フケやかゆみも防げる育毛剤か気になる所ですが、結論から言えばM字ハゲだけでなく、フケやかゆみまでも抑えることができる育毛剤となります。プランテルの魅力は、二つの育てる力を生み出す有効成分と一つの防ぐ働きを持つ有効成分が黄金率で配合されている点が優れています。

 

 

それ以外にも7種類の自然由来の成分を配合し、それが毛生促進・発毛促進の働きを支える仕組みになっています。まず発毛促進ができるセンブリという食物からのセンブリエキス、毛生を促進させるタマサキツヅラフジからのセファランチン、フケ・かゆみを抑制する甘草の根からのグリチルリチン酸2Kの成分が配合されています。

 

 

特にプランテルは甘草の根からのグリチルリチン酸2Kには、頭皮などの肌が荒れて炎症を引き起こしている状態を解消に向かわせる効果が優れているため、これを配合しているプランテルなら確実にその対策をとることも可能です。また頭皮の荒れる可能性の高い成分であるパラペン、鉱物油、着色料などの添加物を一切使わずに天然の成分だけをこだわって用いているのも魅力的となります。


プランテルとチャップアップの違いについて

プランテルとチャップアップは高い育毛効果が期待できる育毛剤としてよく知られています。
しかし、使用する前に気になるのがこの二つの育毛剤の違いについてでしょう。

 

まず比較したいのがその効果の違いです。
先述したようにどちらも高い育毛効果で知られているのですが、総合的な効果でいえばチャップアップの方が優れているといえます。
その理由として挙げられるのが、業界随一といわれている育毛成分の配合量です。

 

様々な種類の育毛成分の作用によって総合的に頭皮環境を整えることができるため、チャップアップはどのような薄毛に対しても効果を発揮することができるのです。ただし、薄毛の種類によってはプランテルの方が高い効果を発揮することがあります。それがいわゆるM字ハゲと呼ばれる生え際の薄毛です。

 

プランテルは生え際の薄毛に特化した育毛剤であり、血管の少ない生え際にしっかりとアプローチできるような成分が配合されていますので、生え際の薄毛の悩みを解消したいのであればチャップアップより向いているといえるのです。

 

 

次に比較できる違いが価格です。
育毛剤はある程度、継続して使うことが大切ですので続けやすさという点も重要となりますが、価格面だけでみるとプランテルの方が安価となっています。ただし、チャップアップは定期購入することで、より効果を高めるサプリメントがついてくるというメリットがあります。このようにプランテルとチャップアップを比較することで両者の違いが明確になるはずです。

 

どちらも優れた育毛剤といえますが、どちらを使用するのかで迷った時にはこうした違いを把握したうえで、総合的にヘアケアをしたいのか、生え際のケアをしたいのかなど自分の薄毛の状況から判断するとよいでしょう。


育毛剤プランテルを早めに使っておくべき理由

育毛剤に関してよく言われているのが、「早めに使うようにしましょう」というもの。薄毛になってから使っても良さそうなものですが、どのような理由で早めの使用が推奨されているのでしょう。

 

 

推奨理由は効果が出るまでに長い時間を要してしまうことがあるからです。そもそも育毛剤を使ったからといってすぐに効果が出ることはありません。早く効果が出る場合でも最低半年程度はかかってしまいますので、薄毛に困らないためには前もって対策をしておくのが理想なのです。大事なのは薄毛にならないことでもありますから、予防をするという意味でも薄毛になる前から対策を講じるようにしましょう。

 

 

薄毛になってストレスを溜めないようにするためという理由もあります。もし薄毛になってしまった場合、気になる人は気になってしまうのではないでしょうか。私自身も薄毛になり始めた時には相当焦りの心境になりました。常に髪のことが気になるようになってしまいましたし、自分ではあまり意識していませんでしたがストレスも感じていたと思っています。

 

 

そしてストレスというのは薄毛を促進させる原因になると言われていますので、薄毛が余計に悪くなってしまう恐れがあるのです。育毛剤を使ってもストレスを感じていると効果を発揮させにくくなりますから、そうならないためには早めに使用することが大切です

 

 

自分自身も薄毛になる前からしっかりと対策をやっておけば良かったと反省していますし、もっと早くから対策をすればこんなに悩みになることはなかったはずです。何事も前もって対策をしておくに越したことはなく、こと薄毛に関しては大きな悩みになる恐れがありますから、薄毛の予兆がなくても将来のために育毛剤を使うことをおすすめします。